マンガの専門学校へ進学しよう|活躍できる人材になるには

夢を形にするステップ

教材

マンガ関係の専門学校に入学する前に、まずは学校が通いやすい場所にあるか調べておきましょう。また学校ごとに用意されているコースは異なりますので、自分の弱点を補ってくれる専門学校に入ります。デビュー実績の多い専門学校であれば編集者に会える機会が多いため入学する価値が高いでしょう。

詳しく見る

オススメ記事

記事リスト

才能を仕事に変える

漫画

マンガ専門学校に入学する際はまず必要になる費用を調べておきましょう。一般的に初年度は 1,000,000円ほどの納入金を用意しておくと良いでしょう。専門学校に入学すれば人と一緒に切磋琢磨することで才能を伸ばせます。

詳しく見る

基礎から学べる

ペンタブレット

自分の力だけで、マンガ家になるのはとても大変です。専門学校に通うのがおすすめです。マンガの専門学校では、基礎からマンガに必要なことをみっちり教えてもらうことができます。また、専門学校は出版社とのコネクションもあるので、デビューへのチャンスも掴むことができます。

詳しく見る

就職に関連する

勉学

マンガやアニメの専門学校は、近年増加傾向にありますが、その分だけ学校選択が難しくなります。選択の基準としては将来の就職率や就職先の多さがポイントになります。その学校の情報収集をすることがとても大切です。

詳しく見る

学校で学ぶ

イラストを描く人

マンガを学ぶのであれば専門学校に通うのがスキルを修得するための近道です。専門学校といってもそれほど特別なことはなく誰でも入学することができます。多くは2年制でトータルでの授業料も240万円前後で学ぶことができます。

詳しく見る

デビューまでの道のり

イラストを描く人

制作に必要な技術を学ぶ

多くの読者に自分が作った作品を届けたい方はマンガ専門学校に入学してマンガの描き方を学びましょう。専門学校はマンガ関係の職場に就職することを目的としているだけでなく、デビューを目指せる場所です。あるていど作品を描く技術が身についている方だけでなく、クオリティアップを目指している方にとっても入学する価値の高い場所です。マンガ専門学校に入った場合、まずは作品制作に必要な基礎技術を勉強させてもらえます。マンガはGペンと呼ばれる特殊なペンを用いて描きますし、原稿のフォーマットも独特です。出版社に投稿した際に落とされないように完成原稿を作れる知識を授けてもらえます。また何より小説ではなくマンガを描く上で必要になるのはイラスト能力です。模写や人体のクロッキーなど美術学校で教えてくれるような基礎も身につけられます。基礎的な知識を身につけた後、専門学校では他の投稿者と差がつくスキルアップ方法を学ぶことになります。マンガ家としてデビューするためには作品を完成させるだけではなく編集者の目を引く原稿を作ることになります。そのためにはイラストの力だけでなくキャラクター造形や物語の制作能力を上げる必要があるのです。ヒット意図しているマンガを分析したり実際の現場で働いたことがある講師から知識を授けてもらったりすることによってその力を上げましょう。納得できる原稿を作れるようになった後は、作品を編集者に見せることになります。専門学校では編集者に持ち込みをする際のマナーや作法を教えてもらえますので安心です。特に編集者が定期的に訪れてくれる専門学校であれば、自分が予約を入れなくても作品を見てもらえる機会が増えます。

Copyright© 2017 マンガの専門学校へ進学しよう|活躍できる人材になるには All Rights Reserved.